30代女が学生の頃から悩まされ続けた巻き爪を完治させた方法 

この記事を書いた人

ペンネーム:おだんごねこ
プロフィール:
学生の頃から足の親指の爪が巻いて皮膚に突き刺さり、深く爪を切り落としても何度も再発。
爪横は赤くはれ上がり、歩くのもつらい巻き爪に何年も悩まされ続けた私が、インターネットのおかげでついに完治させる方法を見つけ出しました!

巻き爪とは?

爪には本来、丸くなる習性と広がる習性があります。

通常であればそれらのバランスが取れた状態で力が加わり、指に沿って伸びていきます。しかし、悪い要因が加わるとまっすぐに伸びず、そのまままるく皮膚にささりながら伸びていってしまいます。

そうなると激痛を伴い、歩くのもままならなくなってしまう巻き爪の状態になってしまうのです。

悪い要因は以下の通りです。

• 歩く時につま先に体重をかけていない
• 深爪をしてしまった
• 自分の足幅に合わない靴を履いている
• 運動不足
• 過度な運動
• 遺伝

運動不足なら運動すれば良い、という所ですが過度に運動しすぎるのも要因となるといわれています。
また、歩き方が悪いといっても遺伝ということもあるのでなかなか予防も難しいところです。

一般的な治療方法は?

巻き爪にはさまざまな対処療法のグッズが販売されています。

○爪に貼り付けて丸くなる力を広げようとするシール
○皮膚に突き刺さった部分にはさんでささらないようにするテープ
○爪と指を固定して、巻いていかないように矯正する道具
○丸くなるのを防ぐ巻き爪用のワイヤーやクリップ

また、病院での治療はささっている部分を含む爪を縦にすべて切り取ってしまうという手術などもあります。

ただし、爪を根元から切り取ってしまうとその後に生えてくる爪がまた突き刺さって生えてきますし、爪も異常な形でのびてしまいます。

私は学生の頃はじめて巻き爪の症状が出始めました。

刺さってきたところを深く切って対処していましたが、切ったあと爪の下になっていた部分の皮膚はむき出しになってしまい、異常に赤くはれ上がる『肉芽』という症状がでてしまいます。

その部分は常に痛く、爪が伸びてくるまでずっと辛い思いをしていました。

痛さのあまり、市販されているテープやワイヤーを試してみましたがどれもいまいちで、結局突き刺さってくる爪を深く切ってまた痛い思いをすることの繰り返しでした。

そんな折、夫にインターネットで治療法を探してみては?というアドバイスを受け、「何でいままでそうしなかったのだろう!」と必死で検索。

そしてついに、本当に痛みをなくして完治させる方法に巡り会えたのです。

巻き爪を本当に完治させる方法とは?

巻き爪を本当に完治させる方法はとてもシンプルで、誰でも出来る方法です。

この治療方法を考案した方の名前をとって、『七菜海式療法』といいます。
用意するものは以下のものです。

• 竹串、アイスピック、千枚通し、糸楊枝の下の部分など先が細くて折れにくいもの
• クエン酸(これが痛みをなくす重要な鍵です!)
• 綿棒
• 医療用ガーゼと医療用テープ(保護用)
• オキシドール(竹串などの消毒用)

これだけです。

これだけで、つらい痛みがうそのように引いていってしまいます。
クエン酸は薬局で、食品添加物として25g300円~400円程度で販売されています。
それでは、詳しい治療方法をお教えします。

①巻き爪になっている部分の、突き刺さっている部分の爪のみを取ります。

取るといっても、爪は必ず切ってしまってはいけません。
爪の横端と皮膚とのすきまに竹串などの先がとがったものを入れ込み、外側に向かってはじきだします。

(使用するものはオキシドールなどで消毒してから使用してください。)

巻き爪はこうして、皮膚に突き刺さろうとしている部分のみをはじきだすことで痛みがなくなります。

ぱちんっとはじきだすことで突き刺さっていた部分が折れてはじき出されます。

すでに肉芽ができてしまっている場合は非常に痛い施術ですが、突き刺さっている部分をはじき出さなければ痛みはいつまでも消えません。

②はじき出したあと、患部にクエン酸を塗ります。

クエン酸は結晶状になっています。
綿棒に唾液をつけて少量取り、患部につけてください。

染みすぎて痛い場合は水で流してもかまいません。
しばらく経って、調子の良いときに再度つけるようにしてください。

クエン酸を塗った後はガーゼをはってカバーしましょう。
クエン酸を患部に塗ると菌が押し出され、かさぶたを作ってくれます。

ずっと肉がむき出し状態だった肉芽にかさぶたができ、痛みがとまります。
しばらくたってもじゅくじゅくしている場合は、再度クエン酸をつけるようにしてください。

これだけで、あの巻き爪の痛みからうそのように解放されます。
巻き爪はどうしても再発してしまいます。

再発してしまった場合、ひどくならないうちに上記の処置をすればすぐに痛みもなくなり、肉芽ができることもありません。

はじき出す治療法の口コミは?

この治療法で、いままでどんな治療をしても治らず苦しんできた人たちが治った!完治した!という声がたくさん投稿されています。

 皮膚科に通って何度も手術をしたのに再発を繰り返し、ずっと辛い思いをしてきました。この自己治療法をした今は全然痛くないです!

 

巻き爪に悩む子供にこの方法を教えました。泣きながら爪を弾いていましたが、きちんと爪を弾けてからはうそのように痛みがひいたらしく、感謝しかありません。

 

今までずっと痛みに耐えて歩いていた日々がうそのようです。弾くのは怖かったけど、こんなにすぐに痛みが消えるならはやく勇気を出してすればよかったと思います。本当にこの治療法に出会えてよかったです!

とにかく、感謝の言葉がたくさんでこの方法がいかに画期的でどれだけすべての巻き爪に悩む人に必要な方法であるかがよくわかります。

まとめ

私も3~4ヶ月に1度は足の親指の爪が巻いて突き刺さってきて、痛くなってきます。

痛くなってきたらすぐに弾いて取り、クエン酸を塗るようにしています。
すると、痛さもしばらくすると消え、しっかりクエン酸のおかげで爪の横に固いかさぶたができてくれます。

巻き爪は本当に歩くのも痛く、つらいものです。

ぜひ、この治療法で巻き爪の痛さから解放されてください!

テニス部で真っ黒に日焼けしていた私が、美白肌を手に入れた方法

この記事を書いた人

ペンネーム:みなこ
プロフィール:学生時代はテニス部で毎日屋外での練習を行っていたため、真っ黒に日焼けをしあだ名は”くろぼう”でした。しかし、卒業後様々な努力で念願の美白肌を手に入れることに成功します。

日焼けは女子の大敵

日差しの強い紫外線の多い季節、屋外で行う運動部の女の子は日焼けが気になるもの。

しかし、そうとは言っていられず練習に打ち込んで気づいたら真っ黒なこんがり肌になっていることはありませんか。
実際に私も学生時代はテニス部で、季節に関係なく屋外で日差しに晒されていました。

そのため当時は真っ黒に日焼けをしており、あだ名は”くろぼう”でした。
学生を卒業してからは、そんな自分が嫌で美白を手に入れる努力をしました。

ここでは、私が調べて実行して実際に効果のあった方法を紹介していきます。

日焼け止めは外出の30分前には塗っておく

日焼け止めを塗る際に、なるべく効果を長くするためにに外出直前もしくは直後に塗っていませんか。

これは、大きな間違いです。
日焼け止めは、外出の30分前に塗ることを徹底しましょう。

日焼け止めは塗ってすぐは、なかなか肌に馴染みません。
肌にきちんと馴染んでからが効果を発揮するので、30分程度かけてしっかり肌に馴染ませることが必要です。

逆にそれ以上長すぎても、効果が持続しないのでこの程よい時間をきちんと守らなくてはいけません。
また、日焼け止めを塗る順番も大切です。

化粧水や乳液は肌の調子を健やかに整える役割があります。
化粧下地はそれを塗った後に塗るファンデーションが、きれいに肌につくための役割を果たします。

そのため、日焼け止めは化粧水や乳液をしっかり肌に馴染ませたあと、化粧下地の直前に塗るようにしましょう。

また、日焼け止めはこまめに塗り直すことも必要です。
入念にしっかり塗った日焼け止めも、2〜3時間で汗に流れていってしまいます。

そんなに早く、とおもう方も多いと思いますが意外に早くに効果は無くなります。
常に紫外線から守られた状態を保つためには、2〜3時間を目安にこまめに日焼け止めを塗り直しましょう。

そしてしっかり塗った日焼け止めは、クレンジングを使ってしっかり落とすことが大切です。

美白には意外にも内側からのケアが重要

普段、日焼け止めを塗ったり日傘を差して紫外線をカットしたり外側からのケアは気をつけている人が多いです。

しかし、美白のためには外側からのケアが重要も同じくらい重要となります。
普段の生活において、食べ物を通して内側からのケアを行うことで、今より紫外線を吸収しにくくしてくれます。

また、肌のシミやくすみを防止してトラブルを起きにくくもしてくれます。
美白に効果的な食べ物としては、ビタミン類・セラミド・鉄分・たんぱく質・リコピンを含むものです。

ビタミン類が、日焼けや美白効果があることはなんとなく予想できる人も多いと思います。
しかし意外にもその他の栄養素も、美白肌を作る上では欠かせない栄養素となります。

即効性があるわけではないですが、日頃からバランスの良い食事を心がけ内側からのケアを心がけることが大切です。

運転中の日焼けが以外にも多い

普段屋外で長時間活動するわけではないし、移動はいつも車。
だから自分は紫外線対策は大丈夫、と思っていると大変です。

日焼けの理由と多く挙げられるのが、運転中によるもの。
車内だからといっても、紫外線の量は屋外とさほど変わりません。

なぜだか、右腕だけが日焼けしているという状況をよく耳にします。
それは右側の窓から、そのまま紫外線が降り注いでいるからなのです。

運転中は、アームカバーをしたり短時間でも日焼け止めを塗っておくなど対策をきちんとする必要があります。

また、目から入ってくる紫外線がシミやそばかすを作り出す原因にもなる可能性が高いです。
この対策としては、サングラスを使用することをお勧めします。

サングラスを普段かけない人には少し恥ずかしいかもしれませんが、小さな努力の積み重ねで美白を手に入れましょう。
最近では、おしゃれなデザインで紫外線をしっかりカットしてくれるものが多いです。

ちょっとだから大丈夫、を無くす

外には出ないから大丈夫、ちょっとだけだから大丈夫、と言ってケアを怠るといつまでも美白肌は手に入りません。

車の中でも紫外線の量は大量であることをご紹介しましたが、実際家の中にいても紫外線はゼロではありません。
洗濯物を干したり、窓際にいたりなどそれだけで日焼けをする原因になります。

面倒かもしれませんが、日焼け止めを塗ることを習慣にする、アームカバーをつけるなど、小さな努力を毎日の生活で取り入れることが大切です。

口の匂いが気になる人必見!口の匂いを清潔に保つ方法

この記事を書いた人

ペンネーム:歯ミガキ子
プロフィール:歯並びが悪く10代の頃から矯正でずっと歯医者に通っていました。思春期でもあったんで口を開ける度に「自分の口は臭くないだろうか…」と思い、自分で口臭について色々と調べたり歯科衛生士さんに聞いたりして口臭について学びました。

人の口の匂いは気になりますよね。

もし話している相手の口が臭かったら不快に感じやすいですし、できれば話したくないとさえ思ってしまう事もありえます。

では自分の口の匂いはどうでしょうか?実は自分の口の匂いは中々自分ではわからないものだったりします。

ということで今回は、自分の口の匂いが臭かったらどうするかについて解説していきたいと思います。

口臭が臭くなる原因は?

まずは口臭が臭くなる原因について、場所毎に細かくわけてみていきたいと思います。

歯が臭い

一番考えられる可能性が歯から悪臭がしているケースです。
食べかすなどが歯に挟まって腐ったり、歯石が詰まってそれが悪臭の元になっていたりします。

また、更に酷い匂いがするのが『虫歯』です。
虫歯自体が匂いを発しているわけではないのですが、虫歯菌が歯を溶かす際に出す匂いが非常に臭いです。
ですので自分は虫歯があるという人は、口臭が臭い可能性が高いといえます。

歯茎が臭い

歯ではなく歯茎から悪臭がする場合もあります。
歯茎が臭い場合の多くは、歯周病や歯槽膿漏などの病気によるものの場合が多いです。
あまり痛みもないので軽視しがちですが、歯茎が膿んできてその膿がとても臭い匂いを発生させます。
健康な歯を保つためにもとても注意が必要です。

舌ベロが臭い

意外と多いのが舌ベロが臭い匂いを発生させている場合です。
舌ベロは細かな無数の凹凸があり、そこに食べかすなどが詰まっていき細菌が繁殖して匂いを発生させている場合があります。
「ベー」と舌ベロを出した時、通常はうっすらと舌が白くなっているのですが、これが濃い白や黄色がかっている場合は注意が必要です。

唾液が臭い

実は歯や舌ではなく唾液が臭いという場合もあります。
通常唾液はそこまで臭いという事はありませんが、体が弱っている場合や病気の場合は唾液が臭くなることがあります。
もし自分の唾液が臭いと感じたらすぐに病院で診てもらうようにしましょう。

すぐできる口臭チェックの方法

口臭チェックの方法として、手で口を覆って自分の息を吐き出してその匂いを嗅いでいる人がいます。

間違いではないのですが、これで臭いと思えたら周りからはかなり嫌がられていると思っていいです。
それほどこの方法では自分の口臭を客観的にチェックするのは難しいです。

すぐにできるおすすめの口臭チェックの方法は、手の甲や二の腕などをペロッと舐めます。
そして舐めた部分が乾いてからその匂いを嗅いでチェックします。

口臭は唾液が乾いた時に匂いが一番強くなるものです。
更に正確に自分の口臭が知りたいという人は、ティッシュを何回か舐めて乾いてから確認することで、より匂いを確かめやすくなります。

おすすめの対策は?

歯磨きをしっかり

まずはしっかり歯を磨くことです。

当たり前のことですが一番大切です。
歯を磨くことで口の中を清潔に保てるようになるだけでなく、歯茎に刺激を与えることで歯周病などの予防にも繋がります。

ただし、舌苔が気になるからといって歯ブラシでゴシゴシ舌を磨くのはNGです。
舌の凹凸は非常に細かく歯ブラシでは舌を傷つけてしまうだけなので、もし磨く場合は舌専用のブラシを使うなどして磨きましょう。

唾液の量を増やす&口を潤す

前述の通り、口臭は口が渇くと匂うものです。

それを逆手にとって唾液を増やしたりうがいをしたりして、口を潤す方法があります。
常に水を飲み続けたりする事は不可能ですが、口が乾かないように潤すことで舌苔の余分な汚れを流す効果も期待できます。

歯科医院で定期的にケアする

自分で口臭対策を心がけることはとても大切ですが、完璧にケアするのはかなり難しいです。

ですので、できれば定期的に歯科医院に通って歯石を取ってもらったり口の中に異変がないかチェックしてもらうことが大切です。

最近は治療だけでなく虫歯などの予防をしてくれる歯科医院も増えてきていますので、そういったところに通って口を清潔に保つと口臭も自然と清潔になります。

心理的な要因も考えられる

上記にあげたものは口や体内の影響で口臭がキツくなるものでした。

ですが、心理的な要因から口が臭くなる場合もあります。
というのも、ストレスを受けた状態は唾液の分泌量が減少しやすく、唾液が少ないと口の中が乾きやすくなってしまうからです。

また、ストレスが原因で胃や腸が弱ってしまったり病気になってしまっても匂いは臭くなりやすいです。
できるだけ規則正しい生活を送ってストレスを溜めない生活を心がけましょう。

まとめ

口臭の原因は歯だけではなく、歯茎や舌ベロや体内の影響もあります。
それらは状態が異常だというサインでもあります。
ですので、自分の口臭を知ることは病気や虫歯の早期発見につながったりもするのでとても大切です。
しっかり歯磨きをしながら定期的に口臭チェックをして、清潔な口を心がけましょう。

口の臭いや体の臭いにサプリって効果あるの?

体内から改善しないと、口の臭いや体の臭いの根本的な対策にはならない。
そういう考えもあります。
また、事実、体内から改善した方が良い場合も多いでしょう。
でも、どんなサプリを飲めば臭いが消えるのでしょうか?
ニオイを根本的に改善したい方は、体臭を改善させる目的で開発されたサプリを紹介しているサイトが参考になります。