口の匂いが気になる人必見!口の匂いを清潔に保つ方法

この記事を書いた人

ペンネーム:歯ミガキ子
プロフィール:歯並びが悪く10代の頃から矯正でずっと歯医者に通っていました。思春期でもあったんで口を開ける度に「自分の口は臭くないだろうか…」と思い、自分で口臭について色々と調べたり歯科衛生士さんに聞いたりして口臭について学びました。

人の口の匂いは気になりますよね。

もし話している相手の口が臭かったら不快に感じやすいですし、できれば話したくないとさえ思ってしまう事もありえます。

では自分の口の匂いはどうでしょうか?実は自分の口の匂いは中々自分ではわからないものだったりします。

ということで今回は、自分の口の匂いが臭かったらどうするかについて解説していきたいと思います。

口臭が臭くなる原因は?

まずは口臭が臭くなる原因について、場所毎に細かくわけてみていきたいと思います。

歯が臭い

一番考えられる可能性が歯から悪臭がしているケースです。
食べかすなどが歯に挟まって腐ったり、歯石が詰まってそれが悪臭の元になっていたりします。

また、更に酷い匂いがするのが『虫歯』です。
虫歯自体が匂いを発しているわけではないのですが、虫歯菌が歯を溶かす際に出す匂いが非常に臭いです。
ですので自分は虫歯があるという人は、口臭が臭い可能性が高いといえます。

歯茎が臭い

歯ではなく歯茎から悪臭がする場合もあります。
歯茎が臭い場合の多くは、歯周病や歯槽膿漏などの病気によるものの場合が多いです。
あまり痛みもないので軽視しがちですが、歯茎が膿んできてその膿がとても臭い匂いを発生させます。
健康な歯を保つためにもとても注意が必要です。

舌ベロが臭い

意外と多いのが舌ベロが臭い匂いを発生させている場合です。
舌ベロは細かな無数の凹凸があり、そこに食べかすなどが詰まっていき細菌が繁殖して匂いを発生させている場合があります。
「ベー」と舌ベロを出した時、通常はうっすらと舌が白くなっているのですが、これが濃い白や黄色がかっている場合は注意が必要です。

唾液が臭い

実は歯や舌ではなく唾液が臭いという場合もあります。
通常唾液はそこまで臭いという事はありませんが、体が弱っている場合や病気の場合は唾液が臭くなることがあります。
もし自分の唾液が臭いと感じたらすぐに病院で診てもらうようにしましょう。

すぐできる口臭チェックの方法

口臭チェックの方法として、手で口を覆って自分の息を吐き出してその匂いを嗅いでいる人がいます。

間違いではないのですが、これで臭いと思えたら周りからはかなり嫌がられていると思っていいです。
それほどこの方法では自分の口臭を客観的にチェックするのは難しいです。

すぐにできるおすすめの口臭チェックの方法は、手の甲や二の腕などをペロッと舐めます。
そして舐めた部分が乾いてからその匂いを嗅いでチェックします。

口臭は唾液が乾いた時に匂いが一番強くなるものです。
更に正確に自分の口臭が知りたいという人は、ティッシュを何回か舐めて乾いてから確認することで、より匂いを確かめやすくなります。

おすすめの対策は?

歯磨きをしっかり

まずはしっかり歯を磨くことです。

当たり前のことですが一番大切です。
歯を磨くことで口の中を清潔に保てるようになるだけでなく、歯茎に刺激を与えることで歯周病などの予防にも繋がります。

ただし、舌苔が気になるからといって歯ブラシでゴシゴシ舌を磨くのはNGです。
舌の凹凸は非常に細かく歯ブラシでは舌を傷つけてしまうだけなので、もし磨く場合は舌専用のブラシを使うなどして磨きましょう。

唾液の量を増やす&口を潤す

前述の通り、口臭は口が渇くと匂うものです。

それを逆手にとって唾液を増やしたりうがいをしたりして、口を潤す方法があります。
常に水を飲み続けたりする事は不可能ですが、口が乾かないように潤すことで舌苔の余分な汚れを流す効果も期待できます。

歯科医院で定期的にケアする

自分で口臭対策を心がけることはとても大切ですが、完璧にケアするのはかなり難しいです。

ですので、できれば定期的に歯科医院に通って歯石を取ってもらったり口の中に異変がないかチェックしてもらうことが大切です。

最近は治療だけでなく虫歯などの予防をしてくれる歯科医院も増えてきていますので、そういったところに通って口を清潔に保つと口臭も自然と清潔になります。

心理的な要因も考えられる

上記にあげたものは口や体内の影響で口臭がキツくなるものでした。

ですが、心理的な要因から口が臭くなる場合もあります。
というのも、ストレスを受けた状態は唾液の分泌量が減少しやすく、唾液が少ないと口の中が乾きやすくなってしまうからです。

また、ストレスが原因で胃や腸が弱ってしまったり病気になってしまっても匂いは臭くなりやすいです。
できるだけ規則正しい生活を送ってストレスを溜めない生活を心がけましょう。

まとめ

口臭の原因は歯だけではなく、歯茎や舌ベロや体内の影響もあります。
それらは状態が異常だというサインでもあります。
ですので、自分の口臭を知ることは病気や虫歯の早期発見につながったりもするのでとても大切です。
しっかり歯磨きをしながら定期的に口臭チェックをして、清潔な口を心がけましょう。

口の臭いや体の臭いにサプリって効果あるの?

体内から改善しないと、口の臭いや体の臭いの根本的な対策にはならない。
そういう考えもあります。
また、事実、体内から改善した方が良い場合も多いでしょう。
でも、どんなサプリを飲めば臭いが消えるのでしょうか?
ニオイを根本的に改善したい方は、体臭を改善させる目的で開発されたサプリを紹介しているサイトが参考になります。